採用情報

クリ博2014メルマガ

ランド・ホーはクリ博2014から弊社へエントリーしている学生へ不定期でメルマガを配信しています。
このコーナーでは、過去に配信したものと合わせてメルマガの内容をご紹介しています。
新人目線で配信しているこのメルマガからランド・ホーの雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

ランド・ホー!最新情報Vol.11 (2013.12.13配信)

こんにちは♪
ランド・ホー プロマネの大貫です。

ようやく冬らしくなってきましたね!皆さんいかがお過ごしでしょうか?約1年間に渡って配信させていただきましたクリ博メルマガ2014ですが、今回のVol.11がついに最終回となりました(ノД`)弊社初のメルマガ配信という試みに、新人として挑戦できたことを大変嬉しく思っています♪
さて今回の配信では現在も就活中の皆さんにこれからランド・ホーに応募していただくべく、まだまだ継続中の新卒採用の実態をお伝えします!そして、不安を払拭していこうと考えております!

そこで今回ご協力いただくのは、ランド・ホー新卒採用担当の和田さんです!さっそくいろいろお聞きしてみましょう☆

Q1,今年の新卒採用の状況はどうでしょうか?
数年前から地方にお住まいの学生の方は、Skype面接を行っています。関西方面からの応募は毎年ありますが、今年は広島や新潟・北海道からも応募がありました。
年々地方からの応募が増えております。
入社後は引っ越ししてもらいますが、それまではなるべく負担のかからない選考をしていきたいと思っていますので、お住まいの地域に関わらずご応募頂きたいと思います。

Q2,特にまだまだ応募していただきたい職種はありますか?
全職種についてまだ募集を継続しておりますが、特にプログラマ、デザイナー志望の方 是非ご応募お待ちしております!

Q3,ポートフォリオやソースコードと、各職種提出書類が必要ですがどんなものが良いでしょうか?
ポートフォリオについて
自分の得意なものをアピールする事は非常に大事ですが、企業研究をした上でその会社の特徴やイメージにあったポートフォリオを作ると良いでしょう。

ソースコードについて
昨今は学校のライブラリを使用した作品(コード)送ってくる方がほとんどです。それ自体は悪い事ではありませんが、その内部処理に興味やこだわりを持って欲しいと思います。
自分のこだわりをうまくアピールできる工夫をしてもらいたいと思います。

オリジナル企画書類について
自身のアイデアが詰まった力作をお送り頂いているかと思います。
ただ面白いと訴えるだけでなく、「何がどう面白いのか」「なぜそのプラットフォームなのか」「ターゲット層」といったものを客観的に分析したマーケティング資料などを加えると、説得力が増すでしょう。
今お持ちの企画書をもう一段深く掘り下げてみてはいかがですか?

Q4,配属はどのように決まりますか?
本人の希望を一番に尊重します。
選考時からコンシューマかモバイルか、本人希望に沿って検討していきますが、スキルやアサイン予定のプロジェクトなど総合的に判断した結果、当初の希望とは違う部署になる事もあります。
その場合も現場担当者と本人とよく相談して決めていきます。


それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました(〃..))
ランド・ホーではまだまだ随時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください♪皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.10 (2013.11.26配信)

こんにちは♪
ランド・ホー プロマネの大貫です。

今回はVol.10では、Vol.3(2012年3月配信)で内定者としてインタビューに協力してもらったおふたりが再度登場です(*・∀<*)ランド・ホーの新人が半年で得たものとは…?ぜひ前回のインタビューとあわせて成長ぶりを御覧ください♪

Kさん…モバイル制作部プランナー/新卒入社1年目
Mさん…モバイル制作部プログラマー/新卒入社1年目

Q1,半年間でどんなところが成長したと感じていますか?
【Kさん】成長したというよりもゲーム業界やゲームプランナーの仕事がどういうものがわかったと感じています。プランナーはただ企画を考えればいいという訳ではなく、ユーザー目線で企画書を書いたり、ゲームの開発に直接関わる仕様書を書いたりしなければならないということが新鮮でした! 【Mさん】会社には「デザイナー」「プランナー」「プログラマー」と、持っている知識が異なる人が集まっています。そのため、自分が知っていて相手が知らないことをどう伝えるかをよく考えて話さなければ、自分の考えがうまく伝わらないということを、入社してから学びました。また、複数人で一つのプログラムを開発した経験がなかったので、自分が実装したものと他の人が実装したものを組み合わせたときの挙動がおかしい場合に原因を特定するのが難しいと感じました。

Q2, 今どんな仕事を担当していますか?
【Kさん】今はシミュレーションゲームの敵NPCのレベルデザインを担当しています。仕様書を読み込んでプログラマーやデザイナーに伝えるのも仕事の一つです。仕事の合間には、前回のインタビューでもお話した「戦車がモチーフのカードバトルゲームの企画書」のブラッシュアップもしています。
【Mさん】スマートフォン向けのアプリのUIを作成しています。サーバーから送られてきたデータをもとに表示する画面を制御する部分の実装を行っています。

Q3, 同期や先輩とどのようなコミュニケーションをとっていますか?
【Kさん】プランナーの先輩とお互いに疑問点を質問し合いながら仕事を進めています。仕事以外では同期や先輩と飲みに行ったりもします。あと特に楽しみなのは、同期とボードゲームをすることです。
【Mさん】自分もボードゲームをやります!あとは同期とは毎日昼食を一緒に食べに行っています。またプログラマーの先輩方からは、昔と今の開発環境の違いなど自分の知らないことを教えてもらっています。

Q4, 実際現場で働いてみて、改めて今後やってみたいことはありますか?
【Kさん】次のプロジェクトでは自分の企画をやってみたいです!オールマイティーなプランナーになりたいので、戦車のゲームだけでなくとにかくいろんなジャンルの企画書を書く練習をしています。
【Mさん】前回のインタビューで「一人前のプログラマーになることが夢」と言いましたが、まだまだ一人前のプログラマーにはほど遠いと感じます。現在はクライアント側の実装をしているのですが、サーバーの仕組みを学び、一人でもシステム全体を構築出来るようなエンジニアになりたいと思います。

長くなりましたので今回はこの辺りで…(*`・ω・*)ゞ
ランド・ホーではまだまだ随時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください♪皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.9 (2013.9.27配信)

こんにちは♪
ランド・ホー プロマネの大貫です。

今回のVol.9では、前回お伝えしきれなかった代表塚本のクリ博メルマガ独占インタビュー後編をお送りいたします(`・ω・´)ランド・ホーの今後とは?そして、代表の素顔にさらに迫って参ります…!

Q3, ランド・ホーが創業以来変わらないこと、反対に変わっていくことや今後目指すべきことについて教えてください。

ポリシーは「どこよりも早く新しい事にチャレンジする」と言う事です。
古くはドリームキャスト、その後、PSP、キネクトなど新しいハードの発売と同時発売のタイトルを数多く開発して参りました。先日もロサンゼルスのE3にて新しいハードXbox Oneタイトルとしてマイクロソフトから発売となる『Crimson Dragon』を発表させて頂いたばかりです。

その他の面でも「どこよりも早く新しい事にチャレンジする」姿勢は一貫しています。例えば、
・創業後最初に開発したドリームキャスト対応ソフト「ダービー馬をつくろう!」では13年前にすでに10万人規模のネット同時対戦のシステムを実現しました。
・Unityやアンリアル・エンジンといったゲームを開発するためのミドルウェアもその存在をあまり知られていない時期から基礎研究を始めました。
・iPhoneのごく初期に自社IPのネイティブアプリをAppStoreにて販売しました。
・海外の大手パブリッシャーと協業体制する努力をどの日本の開発会社よりも早く取り組み始めました。
・新卒新人研修を同業開発会社3~4社と合同で行うようになりました。
・上海にスマートフォンタイトルの開発を目的とした開発スタジオを設立致しました。
これらの全てがその後の会社の大きなパワーとして育っていったのは間違いのない事実です。

今後目指すことは、日本で他に類を見ない開発会社としてのポジションの確立です。コンソールのハイエンドタイトルも開発し、スマートフォン向けのネイティブアプリの開発・運営を行い、それらを海外においても最善の方法で展開、そのいずれもを自社で行う日本で唯一無二の会社としてのポジションを確立して行きたいと考えております。


Q4, プライベートについてお聞きします。趣味等について教えてください。

体育会系と文化系が共存している人間です。
身体動かす事が大好きなんですが、ルールがあったりチームや複数人でプレイするものは面倒臭くって(笑)。ランニングやウォーキングやヨガや筋トレなど自分のペースで身体動かす事が好きです。
あとは観劇や読書。日本の古典芸能が大好きで歌舞伎や落語などをよく見ます。休日は午前中に目一杯身体動かして午後はお芝居やコンサート観に行くという事が多いですね。

いかがでしょうか?ゲーム業界にはゲームが好きな人が多いのはもちろんですが、その他にもいろいろな趣味があり公私共に充実している人が多くいます。また、実はランド・ホーの社内にはいろいろな部活があるんですよヾ(*´∀`*)ノ
(こちらに紹介されています! http://www.landho.co.jp/staff/circle.html
ランド・ホーではまだまだ随時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください♪皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.8 (2013.8.21配信)

こんにちは♪
ランド・ホー プロマネの大貫です。
皆さんは「社長」というとどんな人物を思い浮かべますか?ランド・ホーの社長は、世間の「社長」のイメージとはちょっと違うかもしれません。実は……カラフルなシャツで出社、会社のデスクでは椅子の代わりにバランスボールというちょっと変わった人物なのです☆^(oゝ∀・)v

そんなランド・ホー代表の塚本昌信から皆さんへのメッセージをお預かりして来ました!というわけで、今回のVol.8では代表塚本のクリ博メルマガ独占インタビューをお送りいたしますヾ(*´∀`*)ノ

Q1, こちらのインタビューはクリ博の学生さんが見てくださっています!学生さんにまずメッセージをお願いします♪

はじめまして。株式会社ランド・ホーで代表をさせて頂いております塚本と申します。就職活動も本当に大変だとは思いますが、勉強に遊びにこの時期でしか出来無い事を心から楽しんで欲しいと思います!!あくまで個人的意見ですが学生時代を思いっきりエンジョイされた方は魅力的だなぁとホント思います!

Q2, 今年はランド・ホーが新卒採用を開始してから10年目という節目の年ですが、新卒で入社する新入社員にどのようなことを求めていますか?

どんなことに対しても自分の意見を常に持つと言うことを望んでいます。考える癖をつけろという事です。会社では報告・連絡・相談、いわゆる報連相という事が業務を遂行する上で大切になってきますが、ただ単なる報連相ではなく、自分はこう考える、自分はこうした方が良いと思うという、報連相にプラスして自分なりの意見も常に言える人間であって欲しいと考えます。


Q3, ランド・ホーが創業以来変わらないこと、反対に変わっていくことや今後目指すべきことについて教えてください。

ポリシーは「どこよりも早く新しい事にチャレンジする」と言う事です。
古くはドリームキャスト、その後、PSP、キネクトなど新しいハードの発売と同時発売のタイトルを数多く開発して参りました。先日もロサンゼルスのE3にて新しいハードXbox Oneタイトルとしてマイクロソフトから発売となる『Crimson Dragon』を発表させて頂いたばかりです。
………。

なんと!!社長の想いが熱すぎてメルマガ一通に収まりきりませんでした!!これはインタビュアーとして反省すべき事態です……(-∀-`; )続きはVol.9の後編にて、お伝えしたいと思います。ご期待くださいませ!!

スーツが暑くて大変な季節ですが、熱中症等には気をつけてくださいね(´ー`A;)水分だけでなく塩分の補給も大事だそうですよ!ランド・ホーではまだまだ随時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください♪皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.7 (2013.6.18配信)

こんにちは!
ランド・ホー プロマネの大貫です。
Vol.4~Vol.6まで3回に渡り開発チームインタビューを行なってきましたが、今回のVol.7では今までインタビューしてきた先輩方の一言メッセージ特集をお送りいたしますヾ(*´∀`*)ノ職種別にご紹介していきますよ♪

Q1, ランド・ホーの好きなところはどんなところですか?
【プログラマー】
「新しい技術などもそれぞれが発信し、取り入れていく環境があるところです。」
「チャレンジブルでフットワークが軽いこと。」
「アットホームな所ですね。周りには申し訳ないくらい好き勝手やらせて頂いてます(笑)」

【プランナー】
「自宅に近いのがいいです。遠方から通っている社員も多いですが、通勤時間は短いほうがラクです(笑)」
「会社としての形態をとりながらもリベラルな雰囲気があるところが好きです。」
「堅苦しくない、自由な社風のところですね。伸び伸び働ける会社だと思います。」

【デザイナー】
「みんな優しくて仲がいいです。お土産や差し入れもよくくれるし。仕事面では、同年代(20代)が結構いたり、自分が得意な仕事を回してくれたりというところが働きやすいと感じています。」
「出産・育児に協力的なので助かってます!」

Q2, 就活中の学生の皆さんへメッセージやアドバイスをお願いします!
【プログラマー】
「とりあえずはやりたいことを見つけて、それを実現するにはどうしたらいいかを考えてみるのがいいのではないでしょうか。あとは無料でカンファレンス、イベント等に足を運んで、自分の知らない情報や人との出会いを見つけてもらえればいいんじゃないでしょうか。」
「ゲーム業界は変化が激しい業界です。日々新しい情報にアンテナをはり、柔軟な考え方をする必要があります。さらに『答え』が無いことが多いです。『答え』を覚えるより、『答え』を作れる人になったほうがいいと思います。」
「ゲームや就活に限った話じゃないけど、自分が信じた道に対する『真っ直ぐなアツい想い』があればどんな形にせよ結果は必ずついてくるので、何事も諦めずに頑張って欲しい。」

【プランナー】
「自分の感性を信じる、そして常に磨き続けることが大切だと思います。」
「アイデアを出す事、持つことも大事ですが、ではそれを具体的にどうすれば実現できるのか、自分の中で道筋を思い描けるようにするといいかもしれません。例えば面白いアイデアが浮かんだとして……じゃあそれを誰に対して売るのか?作る為にどういう素材がいるのか?素材を作るのにどういう人が何人必要なのか?どれぐらい時間がかかるのか?お金がいくらかかるのか?これを考えられるようになって、ようやくプロへの入り口に立てるのだと私は思います。」

【デザイナー】
「あふれる情報に翻弄されないように気をつけてくださいね!」

いかがでしたでしょうか?先輩方からのメッセージは、ランド・ホー愛に溢れていますね(*^-^*)
人間と同じようにどの会社にもそれぞれ良いところ、良くないところがあると思います。それが「就活はお見合いと同じようなもの」と言われる所以でもあります。だからこそ、ここで働いていて楽しいなとか、良かったなと思えることは幸せなことですよね!就活中の皆さんの良縁成就を願っております(*´∀`*)ノ。+゜*。ランド・ホーがひとつの選択肢になれば幸いです♪♪

「ランド・ホーって会社ちょっといいかも?」なんて良縁の予感はしましたでしょうか!?まだまだ随時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください♪皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.6 (2013.5.23配信)

こんにちは!
ランド・ホー プロマネの大貫です。
新人研修を終えて出社してきた新人のパワーに圧倒されている新卒2年目ですが、負けずに元気いっぱい行きたいと思います!今回は開発チームインタビュー第三弾、新作ほやほやのスマートフォンアプリに焦点を当てていきます(o☆ェ・)o・‥…━━━★

「ゴーストハウス」
【iOS版】
【Android版】

ランド・ホー初にして完全オリジナルの新感覚タワーディフェンスゲームです。見た目はコミカルなのに、かなりガチなゲームシステム、しかも完全無料のアプリとなっております!!なんて太っ腹なんでしょうッ( *´艸`)

今回はこの「ゴーストハウス」に企画からリリースまで携わってきた3名にインタビューをご協力いただきました♪どんな開発秘話が飛び出すのでしょうか!?

Sさん…モバイル制作部プランナー
Aさん…モバイル制作部デザイナー
Tさん…モバイル制作部プログラマー

Q1, リリースおめでとうございます!この「ゴーストハウス」はどのように生まれた企画なのでしょうか?
【Sさん】新人向けに企画立案の見本になればと考えた企画でした。タワーディフェンスはエイリアンやモンスターを倒すものが多いので、『カワイイ』もので作ってみたら面白いんじゃないかなと思い、企画を起こしました。
【Aさん】『カワイイ』タワーディフェンス、という企画から自分の世界を展開していきました。注目して欲しいポイントは、ゾンビチアガールというユニットの可愛さです!
【Tさん】自分が個人で作成していたタワーディフェンスゲームをSさんが企画のヒントにしてくださったようです。個人的にはウェイブの先送り機能が好きなので、是非利用して欲しいです。

Q2, 開発に当たっての苦労話はありますか?
【Sさん】レベルデザインには苦労しました。自キャラや敵の強さのバランス調整にかなりの時間を要しました。あとはお化け屋敷という世界観をタワーディフェンスというゲームにどう落とし込むのか悩みました。
【Tさん】問題が発生した時の解決方法ですかね。タワーディフェンスゲームのノウハウが社内にあるわけではないので、先輩・上司のアドバイスを元にひとつずつ解決していくのはなかなか苦労しました。

Q3, 今後どのようなことをやってみたいですか?
【Sさん】今回はストレートなタワーディフェンスを作りましたので、続編は今作をベースにソーシャル性や他のゲーム性を掛け合わせてみたり…と目新しいモノを作りたいです。
【Aさん】ゴーストハウスの絵のテイストで育成ゲームかレースゲームが作れたら幸せです!
【Tさん】育成要素がはいったゲームが作りたいですね。ゴーストハウスは現状育成要素がないので、機会があれば実装するかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今後さらにいろいろなインタビューや企画記事を配信していく予定ですので、ご期待ください!
ランド・ホーに興味を持ったそこのあなた(σ・∀・)σランド・ホーでオリジナルのゲームを企画・開発してみませんか?随時応募を受け付けておりますので、ぜひご応募ください♪皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.5 (2013.5.7配信)

こんにちは!
そろそろお馴染み、ランド・ホー プロマネ新卒2年目の大貫です。

就活も佳境に入る時期…ということでメルマガ配信、頑張ってまいりたいと思いますヾ(●`・ω・´●)ノ今回は開発チームインタビュー第二弾です☆

実は、海外向けのタイトルの開発実績もあるのもランド・ホーの強みの一つです。
2010年、2011年のミリオンセラー「Just Dance Kids」シリーズに引き続き、昨年にはランド・ホーが開発を担当した「Just Dance: Disney Party」が発売され順調に売れ行きを伸ばしています。

そこで今回は海外向けのダンスゲーム開発チームにインタビューをしてみましたv( ̄Д ̄)v
さっそく行ってみましょう!

ダンスチームとしてインタビューにご協力いただいたのはこちらの2名です♪

Tさん…コンシューマ制作部プログラマー/新卒入社9年目
Mさん…コンシューマ制作部プランナー/新卒入社7年目

◆前作「Just Dance Kids」, 「Just Dance Kids 2」について
Q1, ミリオンセラーになってみてどうでしょうか?
【Tさん】世界中の人に自分のかかわった商品で遊んでもらっていると考えると、とても嬉しいです。あと、海外のAmazonのゲームランキングに残っているのを見てニヤニヤしてます。
【Mさん】日本のタイトルでなくて海外のタイトルで達成できたことに驚きました。海外の方がゲーム人口や市場が大きいというところはありますが、日本で作られて海外の方に受け入れてもらえる作品というのはなかなかないと思います。

◆今回の「Just Dance: Disney Party」について
Q2, 開発する中で感じたやりがいや前回のタイトルと比べて成長を実感できたところなどありますか?
【Tさん】海外向けのダンスゲームに作るにあたっては、海外の振付師やダンサー、映像制作会社、UBIの技術者、デバッガー等、様々な世界の人がこのプロジェクトに関わっていました。自分のプロジェクトのスケールを感じることが、やりがいにつながりました。
【Mさん】Youtubeなどを通じて海外のユーザの方々、特に子供達が前作のタイトルを楽しくプレイしてくれている姿を見た時が一番やりがいを感じられました。成長としては、北米や欧州に向けた作品としてどういう構成で作ればいいかを、前に比べて自然と考えられるようになってきたかな?と感じています。

Q3, 開発に当たっての苦労話はありますか?
【Tさん】「Just Dance: Disney Party」は楽曲も複数の言語に訳されたものが収録されています。そうなるとデータの容量が増えてしまうので、ROMの容量が限界を超えないように、そしてクオリティを下げないように対応策を決めなくてはなりませんでした。
【Mさん】海外の人にどうやったら受け入れてもらえるか、チーム内でかなり四苦八苦してきました。また様々な言語の対応では、同じ内容でも国によって文章の長さがまったく変わってしまうのでそれをどうやって同じレイアウトに収めるかというところが大変でした。ある言語では7、8文字で済むところを別の言語では1単語で23文字になってしまう、なんていう事もありましたね。

いかがでしたでしょうか?今後さらに開発者インタビューを配信していく予定ですので、ご期待ください!
またランド・ホーに興味を持っていただけましたら、ぜひご応募ください♪
随時応募を受け付けておりますので、皆さんの作品をお待ちしております!
思い立ったが吉日ですよ( ̄― ̄)

春です!新人研修の様子、歓迎会の様子などランド・ホー!Facebookページでは随時写真等もアップしております(-ω☆)ぜひ「いいね!」をお願いします!
【ランド・ホー!Facebookページ】

ランド・ホー!最新情報Vol.4 (2013.4.2配信)

こんにちは!
ランド・ホー プロマネ新卒2年目の大貫です。

前回ご紹介したランド・ホー開発のアプリ「アルパカ天国」ですが、順調にダウンロード数が伸びていてついにこの度1万DLを突破しました!
アルパカ天国
【iOS版】
【Android版】
可愛らしいアルパカを簡単操作で育成できるこのアプリ、皆様ダウンロードして遊んでいただけていますでしょうか?(* ̄ー ̄)

今回は1万DL突破記念としまして、アルパカ天国開発チームに開発者インタビューを敢行しました!ランド・ホーのゲームアプリ開発の裏側はどのようになっているのでしょうか!?

アルパカ天国開発チームとしてインタビューにご協力いただいたのはこちらの3名です♪

Aさん…モバイル制作部プログラマー/新卒入社9年目/上海開発スタジオ室長
Mさん…モバイル制作部デザイナー/新卒入社5年目
Iさん…モバイル制作部プランナー/中途入社1年目

◆アルパカ天国に関して
Q1, 開発する中で感じたやりがいやリリースして嬉しかったことを教えて下さい。
【Aさん】上海開発スタジオで開発し、リリースできたことがやはり嬉しいです。「もふもふ牧場」の第2弾のような形でユニークなアルパカのアプリが出せたという点も良かったと思います。
【Mさん】雑誌やアプリ紹介サイトに載った時や、「癒される」とか「可愛い」という意見を頂いた時が嬉しいです。それとチームの会議で出た意見から、アルパカがセリフを喋るようになったこと!

Q2, アプリの中でここは注目してほしい!イチオシ!という部分はありますか?
【Aさん】ユニークなアルパカの成長を見届けてほしいです。ゆるくでも長く付き合っていっていただければと。
【Mさん】個性的なアルパカ達!そして、たまにする変顔に注目してほしいです!毛を刈るとハゲ状態になるのですが、その間抜けな姿もイチオシです!
【Iさん】アルパカ天国には30種類ものレアアルパカがいます。時間はかかりますがいっぱい出ますので、頑張って育ててください(笑)

Q3, 開発に当たっての苦労話はありますか?
【Aさん】前作「もふもふ牧場」から路線変更にあたり、どういうシステムで作っていくかというところですね。あとは上海開発スタジオで初めての製作だったのでそこにも苦労はありました。
【Mさん】新しいツールを使ったので、不具合が起きた時に色々試さなきゃならなかったことです。でも実はその辺りの記憶があまりありません(笑)
【Iさん】「もふもふ牧場」シリーズとしてのイメージを壊さないように再構成するには気を使いました。開発中はちゃんとリリースまでたどり着けるのか不安もありましたが、無事ここまで来て本当に良かったです。


いかがでしたでしょうか?
このインタビューを通して、実際に仕事をするイメージや職場の雰囲気のイメージを感じ取っていただけたら幸いです。今後さらに開発者インタビューを配信していく予定ですので、ご期待ください!またこちらのメルマガは文字のみとなっておりますが、ランド・ホー!Facebookページでは随時写真等もアップしております(-ω☆)
【ランド・ホー!Facebookページ】

ランド・ホーに興味を持っていただけましたら、ぜひご応募ください♪
早速2014年度新卒募集に続々とご応募いただいております。
随時応募を受け付けておりますので、皆さんの作品をお待ちしております!

ランド・ホー!最新情報Vol.3 (2013.3.15配信)

こんにちは!
ランド・ホー プロマネ新人の大貫です。

私が「新人」と名乗ることができるのも後少しになってきました。社会人一年目は覚えることやはじめて経験することが多くあっという間の一年でした。またここ最近のスマートフォン向けゲームの発展などはめざましく、日々刻々と状況が変化する環境に身をおくことでとてもよい経験が出来たと感じています。

さて、そんな今回は4月からランド・ホーに入社する新人の皆さんにインタビューをしてみました!ご協力いただいたのはこちらの2名です♪

Kさん…情報系大学出身・プランナー
Mさん…理工系大学院出身・プログラマー

Q1, ランド・ホーに興味を抱いたきっかけはなんですか?
【Kさん】クリ博のフェスタに参加したときに社員の方々がとても仲が良さそうなのが印象的だったので応募しました!
【Mさん】大学院でのプログラミング経験を生かした仕事がしたかったのでゲーム業界に興味を持ちました。中でも多くのプラットフォーム向けのゲームを作っていることとHPの部活動の写真が楽しそうだったのでランド・ホーに興味を持ちました。

Q2, 入社に向けた意気込みを教えて下さい。
【Kさん】作ってみたいゲームがあるので今はその企画書を作成中です。
【Mさん】ゲーム制作は未経験ですが、今までのプログラミングの経験を生かして頑張りたいと思います。

Q3, 入社後の夢はありますか?
【Kさん】今企画書を作っているゲームをリリースしたいと思っています。モバイルのゲームで、戦車がモチーフのカードバトルゲームなんです!
【Mさん】まずは一人前のプログラマーになることですね。ゲームに関する技術を身につけたら次に入ってくる後輩に伝えていけたらいいなぁと考えています。

Q4, 就職活動のアドバイスをどうぞ!
【Kさん】学生時代のうちに外国に行ってみたり、英語とか中国語とか外国語を勉強したり、視野を広げていくことが大切だということをアドバイスしたいです!
【Mさん】自分の過去を振り返って強みをまず見つけてみましょう!それを活かすことでよい結果につながると思います。頑張ってください!

いかがでしたでしょうか?
今回のインタビューをしてみて新たな仲間が加わることが一層楽しみになりました(*`・ω・*)ゞ

ランド・ホーに興味を持っていただけましたら、ぜひご応募ください。
皆さんの作品、お待ちしております!


最後にランド・ホーの新作アプリのご紹介です(*・∀<*)
アルパカ天国
【iOS版】
【Android版】
かんたんシンプルな育成アプリです♪就活疲れはアルパカの毛刈りで癒しましょう☆・゚:*:

ランド・ホー!最新情報Vol.2 (2013.1.17配信)

こんにちは!
ランド・ホー プロマネ新人の大貫です。

街を歩くリクルート姿の学生さんを見かける機会がだんだんと増えて、今年もいよいよ就活が本格化してくる時期だなぁと感じております(^^)そんな企業説明会や面接が行われる時期になると意外と悩むのが会社訪問や面接の間の空き時間の使い方。皆さんはどんなことをしていますか?ボーっとしているだけ、なんてもったいないですよ~!空き時間で楽しく暇つぶしできて、さらに企業研究もできたら一石二鳥ですよね!?

…というわけで、今回はちゃっかり弊社で開発・運営を行なっているアプリを紹介したいと思います(*・∀<*)

ハローキティ マジカルボール(サンリオウェーブ/ランド・ホー共同開発)
【iOS版】
【Android版】

かんたんなルールで、サクッと遊べるところがまさに就活の空き時間にプレイするのにピッタリなんです!「この部分はどうやってできているのかな?」「自分だったらどういう改善を加えるかな?」…そんな分析もしてみれば、さらにワンランク上の企業研究ができちゃいますね♪ぜひインストールして一度遊んでみてください(*`・ω・*)ゞ

それでは、引き続き今年も最新情報をお届けしてまいりたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします♪

ランド・ホー!最新情報Vol.1 (2012.12.20配信)

はじめまして!
私はランド・ホー プロダクトマネージメント・営業部の大貫と申します!2012年度新卒で入社した新人です。
クリ博2014からエントリーいただいた皆さんに、ランド・ホーの最新情報を新人目線でお伝えしていきたいと思います(^^)

まず記念すべき第一回目のお知らせは・・・
クリ博2014各職種の「募集要項」と「先輩からのメッセージ」がアップされました!
【クリ博2014】
特に先輩からのメッセージは新人社員からのリアルな声が書かれていて必見となっております!!プランナー、プログラマー、デザイナー、それぞれの写真や似顔絵、文章に各職種の性格の特徴が出ていて面白いです。ぜひぜひ全ての職種の「先輩からのメッセージ」をチェックして、ランド・ホーの雰囲気を感じ取っていただきたいと思います。

また、ランド・ホーの最新情報はFacebookページからもチェックすることができます。
【ランド・ホー!Facebookページ】
ぜひこちらも「いいね!」をクリックして見てくださいね♪

実はこのFacebookページですが、大貫が更新を担当しております(笑)個人的には新人でもこのようにいろいろと仕事を任せてもらえるところがランド・ホーの魅力だと思っています。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。今後のランド・ホーの最新情報にもご期待ください!